YouTube 動画はサムネイルで決まる

これから YouTube 動画を作成して投稿したいと努力されている
皆さんの多くは、素晴らしい動画を作成しなければ評価してもらえないと
思っているのではないでしょうか。
もちろん、レベルの高い動画は視聴者のウケも高いのですが、
手作り感のある動画であっても評価が高い場合がありますし、
お金をかけた動画であっても全く視聴者に見てもらえないというケースも
珍しくありません。
視聴者に視聴してもらうためには、サムネイルの出来で大きく違う事を
知っておく必要があります。

すべてはサムネイルで決まる
YouTube を視聴する際には、掲載されている多くの動画のサムネイルが
表示されています。ですから視聴者は、動画を見る際に動画の中身ではなく
サムネイルを見て判断することになります。
つまり評価基準がサムネイルということになるのです。
一般的に本屋さんに本を選ぶ時に、表紙を見て選ぶ人が圧倒的多数です。
そのことと同じことが言えます。
ですから動画の中身ももちろん大切ですが、サムネイルをしっかりと
作ることで視聴回数を伸ばす手助けになるのです。

フォントも大切
サムネイルを作るには、デザインに優れたものを作らなければならないと
かなり凝ったものに仕上げている方も多いです。
しかし必ずしもそのようなサムネイルが評価されているわけではありません。
デザインももちろん大切ですが、どのような動画か想像できるような
サムネイルでなければ、視聴まで至ることはありません。
また、本当は何でも良いと思っている方も多いですが、
フォントの形で動画の雰囲気を 伝えることができるので
こだわって選ぶ必要があります。
最近では多くのフォントが無料で手に入りますので
そのような素材を利用する、 もしなかったら有料版で
お気に入りのフォントを使用するのも良いでしょう。

自分らしい表現を見つける
動画の中身を伝えるには、動画を視聴者に見てもらう必要があります。
しかし全ての動画を一度見てから判断してもらうわけにはいきません。
サムネイルを視聴者が見た時、動画の雰囲気が一瞬でわかるような
デザインであることが必要条件になります。
初めのうちは先輩 YouTuber のサムネイルを参考にしながら
作ると良いですが、最終的にはこれは自分らしいと思えるような
サムネイルを作ることが良いのではないでしょうか。

動画を作るのも大変ですが、サムネイルの作成も
かなり手間のいる作業です。
慣れないうちはサムネイルだけで1日2日かかることも
珍しいことではありません。
自分がこれだと思えるようなサムネイルを作るには
動画と同じように何ヶ月もかかるかもしれません。
物を作るのはとても大変な作業ですが、楽しみながら
自分の納得できる作品を作りましょう。