編集ができない人でも始められる動画ビジネス

副業にも最適と注目を集めている動画ビジネスですが、編集に関する技術やセンスがある人でなければ難しいのではないかと考える人もいるでしょう。そんな悩みを手軽に解消したい、技術やセンスに自信がなくても、手軽に動画ビジネスを始めたいという場合は、ライブ配信という形を考えてみることがおすすめです。

動画ビジネスの中でも、注目を集めているのが、リアルタイムで動画配信を行うライブ配信です。顔出しをする場合は、顔や背景などが綺麗に映るようにカメラをセッティングしておけば、そのままライブ配信をすることができます。配信の内容は人によって様々で、ライブ配信という形でパフォーマンスをする人もいれば、視聴をしている人のコメントを拾いながら雑談をするという形も人気です。それ以外にも、ゲーム画面を映し出し実況をしていくという形を取る人もいます。

こうしたライブ配信の魅力は、特別な技術を必要としないことです。配信をスタートすれば、終了をするまでの間、その光景が画面に映り続けることになります。姿を出して配信をする場合は、綺麗に見せるための照明などの準備が必要となることもありますが、一度セッティングをしておけば、その後は何度も繰り返し手軽に配信を行うことができるようになります。
配信が終わった後は、配信をした動画をアーカイブという形で残すことができます。アーカイブで残す場合は、テロップを入れるなど特別な編集をする必要がありません。

そんなライブ配信の魅力は、投げ銭システムを導入しているサイトを利用すれば、配信中に報酬を受け取れることです。さらに、撮影した動画を編集する形を選んだ場合は、撮影に長い時間をかけたのに完成した動画は僅か10分程度となることも少なくありません。それに対し、ライブ配信のアーカイブは、2時間喋った場合は2時間の動画として残し続けていくことができます。
動画の時間が長くなれば、その分視聴時間が増え、総再生時間など収益化に関する条件をクリアしやすい状態を作れるというメリットも生まれます。そのため、これから動画ビジネスを始めるのであれば、ライブ配信という形も検討しておくと良いでしょう。

編集を行う場合は、撮影からアップをするまで時間がかかり、ネタが古くなることも少なくありません。それに対し、ライブ配信であれば、リアルタイムで伝えたいことを伝えられるというメリットが生まれます。そのため、誰よりも早く情報を伝えたい場合なども、ライブ配信の活用を考えておいて損がありません。